カゼビヨリ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--



順庵五話目 其之二
順庵の公式サイトでは若いお二人の恋模様が
藤森さん→おみつちゃん
になっているわけですが、今のところどうみたって
藤森さん←おみつちゃん
という気がして仕方ありません。
まあ、あれだな。おようさんが藤森くんに

「あー、藤森ちゃん初恋だ!初恋だったら初恋だ!」

と、藤森くんの肩をポンポン叩くよりは、おみつちゃんの
肩を優しく抱いた方が絵としてかわいらしいということ
なのかもしれません。
初恋といえば、タカシの初恋もかわいかったなー。
タカシは初恋キングだったと思うよ。


第五話はとにかく藤森くん祭りでした。あんまりに出番があり、
そのすべてに喜んだので、とりあえず萌え具合をランキング式
にして、ピンポイントで感想を残そうかと思います。

【第3位/藤森くん、おみつちゃんに惚れられる】
おみつちゃんが恋心に気づいて以降、その切ない眼差しで
藤森くんを見つめる…というシチュエーションに萌えました。
そんなおみつちゃんを邪険に扱ってしまう藤森くんてば、
なんて理想的な鈍感ボーイなの!(注意:鈍感とかそういう
ことではなく、今回の藤森くんはそれだけ苦境に面していたと
いうのが一般的な見方です)
予想外にも今のところ藤森くんの気持ちが表に出てこないのですが、
鈍感アーンド不器用な藤森くんが、この放送中にはっきりくっきりと
おみつちゃんへの恋愛感情を見せることはあるのでしょうか?

【第2位/藤森君、桶から水をがぶ飲みする】
井戸の水桶から直に水を飲む姿がワイルドでした。口元を手で拭った
ところもなかなかに色っぽかった。とても階段を滑り堕ちてきた彼と
同一人物とは思えません。しかも、桶に据えらた指がきれいだった…!
それに気づいたら、何回見ても、もう指ばっかり見ちゃうんだよ…。

【第1位/藤森くん、低音ボイスになる】
風間さんの声の真髄は低音にあると思います。これまではドタバタが
主な役目だったので、比較的高い声でお喋りすることが多かったけれど、
今回は低音ボイス満載。特に藤森兄の悪行を知らされるあたりは、
藤森くんの怒りが低音ボイスとなって零れて落ちて、聞くたびに
ウットリします。怒っているのにウットリ。
今回、藤森くんの怒りが感情任せの激しいものではなく、静かな怒り
となって出ていたことが、とっても藤森くんらしいと思いました。
根が心底穏やかな人なんだろうなあ、藤森君は。

「指が」とか「声が」とか、まともな感想になっていやしねえ…。
それにしても、兄のためと思って仇を追ってきたのに、その兄が
実はプチ悪党だったことを突きつけられるという、藤森くんには
気の毒な展開でしたね。その気の毒さが構成的に今ひとつ
伝わってきにくかったのは惜しいところ。
「血の繋がっていない兄でしたが、たった一人の肉親でした」という
台詞があったけれど、あそこで「血はつながっていなかったけど、
私にはとても優しい兄でした」とかなんとか言っていたら、同じ
説明台詞でも後々の印象がちょっと違っていたようにも思います。

最後のCDプレゼントをあえてランキングに入れなかったのは、
あの部分だけは藤森くんじゃなくて、かざぽんにときめいたから。
あれは反則技だったよね。
スポンサーサイト
2005/11/19 00:22 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。