カゼビヨリ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--



いまさらジロー
ではなく、いまさらルクアトのお話。

つかさんのお稽古について、「(人の内面を)えぐる」という
言葉が対談の中に出てきましたが、なんだか妙に
生々とした表現に感じてドキリとしました。
人間て、自分の弱かったり醜かったりという部分を
自分ですら意識しないように隠して生きていたりするのに、
それを前面に引きずり出されるというのは、いったい
どんな経験なんでしょう?すでにつかさんに“えぐられた”
という風間さんのように落ち込むのは確実でしょうけれど、
落ちて落ちて、そしてその先に生まれ出るものが何なのか、
それがお芝居に何をもたらすのか、私には想像がつきません。
その答えは蒲田で見れるのかもしれないし、蒲田を経て
もっともっと未来に見えてくるのかもしれない。
なんにしても、蒲田という作品への出演が、風間さんの
お芝居の血となり骨となることを願ってやみません。

気がつけば、蒲田の初日まであと一週間なのね。
あ、なんかキンチョーしてお腹が痛くなってきた…。
なんで私がキンチョーするんだってはなしよ…。
スポンサーサイト

2006/09/04 22:43 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。