カゼビヨリ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--



ヤスといえば…
風間俊介さんが、舞台「蒲田行進曲」で“ヤス”という
役を演じるということに狂喜しつつ、ヤスという名前で、
ヘッポコゲーマーを自認してきた私は、あるテレビ
ゲームのことを思い出しました。

ポートピア連続殺人事件

スーファミどころか、元祖ファミコンの時代の
推理アドベンチャーゲームです。
この事件の捜査をしていくうえで、ゲーマーの
心強い相棒の名前が、ズバリ“ヤス”でした。
(上のリンクページの中央にいるドット絵の
お兄ちゃんがヤスですよ)

とにかく、このゲームは超×10がつくくらいの名作だと
個人的には思っています。この頃から幾つもの
推理ゲームをプレイしてきたけれど、真犯人に辿り
着いたときの衝撃度において、この「ポートピア連続
殺人事件」を上回ったものは、ゲームどころか推理小説の
中にもありません。ある意味禁じ手のような結末でした。
(犯人が知りたい方は攻サイト等検索してみてください・笑)
ゲームを愛してやまないかざぽんにも、ぜひ遊んでみて
ほしい一品だけど、さすがにもうなかなか手に入るまい…。

ちなみに映画ですが、アガサ・クリスティ原作の
「オリエント急行殺人事件」の結末も、これまた
結構衝撃的でした。これもおもしろかった。

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション
スポンサーサイト

2006/07/22 00:42 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。