カゼビヨリ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--



ブス恋
最近はみゆきちゃんとおさむさんの恋よりも、
みゆきちゃんとよしおさん(美幸パパ)の関係に
号泣の嵐です。もう「花嫁の父」(古典的だ)という
タイトルのドラマに脳内変換してしまいそうですよ。

おさむさんがナレーションでみゆきの両親に
「美幸ちゃんを産んでくれてありがとう」って
言ったけれど、私も本当の意味で(初恋じゃなくてね)
初めて心から好きな男の人ができたとき、その人の
おかあさんに同じこと思ったなあ。と、そんなことを
思い出したりして。遠い昔のことですけどね。

しかし、やっぱりゴロさんのハンサムなこと。
そして加藤くんのハンサムなこと。ハセケンの
頃より更に別嬪さんになられましたね。

スポンサーサイト
2006/06/21 19:09 | コメント(0)



河川敷に牛
「ブス恋」。美幸のパパの義男さんがいい。
不器用で無骨な愛の溢れるその姿は、日本の
お父さんたちの姿そのもののよう(渡辺哲さん最高)。
外国の父親のようにスマートに子供とハグしたり
キスしたりはできなくとも、日本のお父さんたちの
不器用な愛情も、それはそれで良いものだと、
自分が年をとって、我が父との関係が穏やかに
滑らかに変化してきた最近、ようやっとそう思う。
世界各国、父と娘の物語を描いた作品はたくさん
あるけれど、嫁姑と同じくらい、父娘の関係性と
いうものは永遠のテーマのような気がする。

それにしても美幸の田舎の家の近くの河川敷に牛が
放牧されていましたよ!私の住んでいるところも、
あの風景と似たような川がある田舎も田舎ですが、
さすがにこのご時世、河川敷に牛は歩いてないよ…。

と、どうでもいいことが気にかかって仕方なかった(笑)

2006/06/01 01:20 | コメント(0)



演技者。とブス恋
今週から始まった「劇団演技者。」は
モダンスイマーズの「さよなら西湖くん」。
第1回目からなんだか良いかんじ。
これは久々にはまるかも。

「ブスの瞳に恋してる」は、好きな人と両思いの
一歩手前で、相手の前に過去の想い人が現れる。
なんだか「101回目のプロポーズ」の男女逆転
バージョンってかんじ。
これからどうなって美幸ちゃんとオサムさんが
ハッピーエンドを迎えるのか、ますます楽しみです。
しかし公式の次回予告。ネタバレしすぎのような…。

2006/05/18 23:48 | コメント(0)


 +  OLD >




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。