カゼビヨリ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--



一年の計は元旦にあり
あけましておめでとうございます。

ジャニーズカウントダウンコンサートにて
超短期年男ユニット『いのししセブン+1』の雄姿を
拝見いたしました。元旦から、いや、元旦だからこその
風間くんの羽織袴姿。ええもん見ちゃったよー。

2007年の風間くんのテーマは「独自路線」。
まあ、とっくの前から独自すぎるぜかざぽん!という
かんじではありますが…、あのキラキラなジャニーズの
世界の只中で、独自をいくということは茨の道。
「独自路線をゆこうと思う」とまっすぐ口にした風間くんは
あえてその茨の道を歩もうとしているのですね。
一つの覚悟の先に一つの生き様が作られてゆく。
風間くんの決意は私にはとてもかっこよいものに映りました。
風間くんにも風間くんのファンにも、これからもいろいろ
楽しいこと切ないことあると思うけど、やっぱり私は
風間くんの生き様と、その未来にあるものを見てゆきたいと
強く思う2007年の1月1日です。


これ、明日起きてみたらすっごく恥ずかしいこと
書いてんだよ。しばらくたったら消したくなると思う(笑)
元旦にあたり、一日限りで復活させていただきました。
みなさま、今年もよろしくお願いします!

スポンサーサイト
2007/01/01 01:09 | コメント(5)



「蒲田行進曲」終了、そして秋
気がついたら随分とこちらをほっぽらかしにしてしまいました。
気がついたら前の更新は9月で、今はもう10月半ば。
そして「蒲田行進曲」も終わってしまいました。

ヤスという役は、風間さん自身にも、ファンの私たちにも、
“風間俊介という人のお芝居”という部分で一つの新しい
扉を開いてくれた役だったのではないかと感じています。
ヤスという役を演じることによって得た何かがハッキリとした
形や答えとして見えてくるのは近い日のことではないのかも
しれないけれど、この経験はまた未来のどこかに必ず
繋がっていくのでしょう。

私自身としては風間さんのヤスには大満足。
今この時の、23歳の風間さんのヤスを観て、風間さんの
お芝居について今までに思わなかったようないろんなことを
考えたりもして、そして、なぜか今とてもスッキリとした
清々しい気持ちでいます(笑)。本当に清々しい思いで、
またこれからの風間さんの歩く役者道を期待してゆこうと
思えています。なんだろね、このスッキリ感は。

2006/10/11 18:39 | コメント(0)



2回目、その前に
27日にもう一度「蒲田行進曲」を観にゆきます。
その後に感想を書こうかなと思ったけど、
とりあえず初見時に感じたことだけでもメモ的に
書いておこうかなと思います。

* more...

2006/09/24 23:29 | コメント(0)


 +  OLD >




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。